ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドでは、お客様に安全かつ快適にご利用いただくため、宿泊約款第10条に基づき次の通り利用規則を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

ホテルご利用規則

トップページに戻る

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドでは、お客様に安全かつ快適にご利用いただくため、宿泊約款第10条に基づき次の通り利用規則を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

本規則をお守りいただけないときは、やむを得ず宿泊約款第7条第1項により、ご宿泊並びにホテル内施設のご利用をお断り申し上げ、かつ当ホテルが被った損害をご負担いただく場合もございますので、特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

1.客室ご利用について

  • (1)客室よりの避難経路図は、客室入り口ドアの裏付近に掲示してありますのでご確認ください。
  • (2)ご滞在中や特にご就寝の際には、必ず内鍵とドアガードをおかけください。
  • (3)ドアがノックされたときは、ドアガードをかけたままドアを開けるか、ドアスコープでご確認ください。
    また不審者の来訪に際しては不用意に開扉をなさらず、フロントデスクまでご連絡ください。
  • (4)客室内は禁煙です。その他火災の原因となる行為はご遠慮ください。
  • (5)客室内では暖房用、炊事用などの火器等、火災の原因となりやすいものをご使用にならないでください。
  • (6)ホテルの許可無く客室を営業行為あるいは集会行為(展示会、パーティーその他)等ご宿泊以外の目的のご利用はご遠慮ください。
  • (7)ホテルの許可無く客室内の備品を移動したり、また客室内に造作を施し、あるいは改造する等、現状の著しい変更はご遠慮ください。
  • (8)ホテルの外観を損なうようなものを窓側に置かないでください。
  • (9)午後10時以降のご訪問客とのご面会はロビーでお願いいたします。
  • (10)宿泊登録者以外のご宿泊は固くお断りいたします。

2.お部屋の鍵について

  • (1)ご滞在中お部屋からお出かけの際は、客室の鍵を必ずお持ちになり施錠をご確認ください。
    当ホテルは自動施錠になっております。
  • (2)ホテル内のレストラン・バー・エステティックサロン等をご署名によって利用なさる場合は
    お部屋の鍵をご提示ください。

3.お支払等について

  • (1)お会計はご出発の際にフロントにてお願いいたします。
    なお、ご滞在中でも都合により会計をお願いする場合がありますので、その都度お支払ください。
  • (2)ご到着時にお預かり金を申し受けることがございますので、予めご了承ください。
  • (3)お買い物代、切符代、タクシー代等の立替はお断りさせていただきます。
  • (4)客室内のお電話をご利用の際は、施設使用料が加算されますのでご了承ください。
  • (5)法定の税金の他、サーヴィス料として10%を加算させていただいておりますので、お心付け等はご辞退申し上げます。
  • (6)旅行者用小切手以外の小切手によるお支払い及び両替はお断りいたします。
  • (7)ご予定の宿泊日数を変更される場合は、予めフロントにご連絡ください。
    ご延長の場合は、それまでのお支払をお願いいたします。

4.貴重品、お預かり品について

  • (1)ご滞在中の現金、有価証券、その他貴重品の保管については、フロントに備付けのセーフティーボックス(無料)をご利用ください。
    ご利用にならないで万一紛失、盗難等が発生した場合には当ホテルではその責任を負いかねますのでご了承ください。
    なお、美術品、骨董品等の品物はお預かりいたしかねます。
  • (2)ホテル内での遺失物の処理は一定期間ホテルが保管し、その後は遺失物法に基づいてお取扱いさせていただきます。
  • (3)クロークでのお預かり物は、所定の期間を経過しても連絡が無い場合、30日間を限度とし、お引取りの意思が無いものとして処理させていただきます。

5.駐車場のご利用について

  • (1)駐車場構内では、係員の誘導及び指示に従っていただきます。
  • (2)駐車場の車内に貴重品及びその他の品物を留置しないでください。
    駐車中における紛失、盗難等についてはその責任を負いかねます。
  • (3)正面玄関における駐車は固くお断りいたします。1階駐車場をご利用ください。
  • (4)ホテルの係員が指定した駐車スペース以外に駐車された車は、レッカーにて移動させていただきます。
  • (5)ホテルの係員による車の代行移動はお断りいたします。

6.禁止事項について

ホテル内では他のお客様の迷惑になる下記の物の持込み、又は行為はご遠慮ください。

  • (1)動物、鳥等のペット(但し、介助犬は除く)
  • (2)火薬、揮発油、その他発火、又は引火性の物
  • (3)悪臭及び強い臭いを発する物
  • (4)法により所持を禁止されている鉄砲、刀剣、覚醒剤、麻薬の類
  • (5)ホテル外から飲食物等を持ち込む事
  • (6)賭博や風紀を乱すような行為、又は他のお客様の迷惑になるような言動
  • (7)パジャマ、バスローブ、スリッパ等でパブリックエリアに出ること(スパ、エステティックサロンへ行く際を除きます)
  • (8)広告宣伝の配布、物品の販売、勧誘等
  • (9)ホテルの許可無くホテル内で写真撮影をする事、及びホテル内で撮影した写真を営業上の目的で使用する事
  • (10)緊急事態、あるいはやむを得ない事情を除き、非常階段、屋上、機械室等の施設に立ち入る事
  • (11)保護者の同伴なき、未成年者だけでの宿泊はお断りいたします。

7.暴力団並びに暴力団員、及び公共の秩序に反するおそれがある場合について

  • (1)「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成4年3月1日施行)による指定暴力団及び指定暴力団員等の当ホテル利用はご遠慮いただきます。
    (ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします)
  • (2)反社会的団体及び反社会的団体員(過激団体及びその構成員)の当ホテル利用はご遠慮いただきます。
    (ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします)
  • (3)暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求及びこれに類する行為が認められる場合、直ちに当ホテルのご利用をご遠慮いただきます。又、かつて同様な行為をされた方についても当ホテルのご利用をご遠慮いただきます。
  • (4)当ホテルを利用する方が心神耗弱、薬品等による自己喪失など、ご自身の安全確保が困難であったり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼすおそれがあると認められるときは、直ちにご利用をお断りいたします。
  • (5)その他上記各事項に類する行為のあるときは、ご利用をお断りいたします。

8.備品等の損壊について

不可抗力以外の事由により建造物、備品、その他の物品を損傷、汚染又は紛失させた場合には相当額を弁償していただくことがあります。

このページの先頭へ