SMALL LUXURY HOTELS OF THE WORLD EXPERIENCE ANOTHER WORLD

『ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド』がスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)加盟ホテルに

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドは2010年5月、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(本社:イギリス最高経営責任者ポール・カー)に日本のホテルとしては初めて(旅館を除く)加盟ホテルとして迎えられました。これからもお客様のご満足をより一層高めてゆけるホテルへと邁進いたす所存でございますので、何卒、倍旧のご愛好を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドについて

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(Small Luxury Hotels of the World™、SLH)は、世界70カ国以上にある500軒を超える独立系の小規模かつ高級なホテルで構成されたホテルブランドです。最先端のデザインホテルから古城ホテルまで、また都心の隠れ家ホテル、プライベートアイランドのリゾート、歴史の香り漂うカントリーハウスなど、それぞれの土地を優雅に楽しむことのできる、世界中の個性豊かなホテルを多彩に取り揃え、極上のご滞在をお届けしています。

  • ※米国富裕層を対象とした Luxury Institute による調査で高級ホテル部門3年連続1位を受賞しました。
  • ※SLHの各ホテルは日本語フリーダイヤル(0120-558-673)、およびインターネット(www.slh.com)のほか、旅行代理店はGDSのチェーンコード「LX」からご予約いただけます。またSLH全ホテルの高画質の写真は(www.slhimages.com)からダウンロードできます。

セレブに愛されてきた歴史

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドは客室の平均数が55室と、その名の通り世界中の小さな高級ホテルの集まりで、ほとんどが独立系として経営され、それぞれが独自のコンセプトを持ちます。ここに集結する高級ホテルは、個性豊かであることからメディアの注目も高く、顧客リストは世界中のセレブ達が名を連ねています。

そんなSLHの歴史は1991年、プレステージ・ホテルズ・ヨーロッパと、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ノースアメリカの合併によって始まりました。1995年には多くのアジア・パシフィックのホテルが加わり、グローバルメンバーシップが確立。顧客の選択肢がワールドワイドとなり、ビーチリゾート、山岳リゾート、サファリなど、世界中の様々なデスティネーションへと広がりました。予約などの機能は、大手ホテルチェーンに劣らない体制となり、現在メンバー数は70カ国以上、約500軒となり、さらなる拡大を視野に入れています。

選ばれる理由

SLHグループの加盟基準は高く、毎年世界中から数百に上る申し込みがありますが、最終的に加盟が許されるのは20前後だといわれています。グループ内のホテルの質を高め続ける加盟基準、妥協を許さない姿勢を紹介しましょう。

例えば加盟後も定期的に行われる原則覆面のインスぺクション。必要であれば改善命令も出されます。これは、インスペクターが自分の部屋を電話予約することから始まり、インスぺクションは、この時の予約担当者の受答え既に採点対象となります。予約段階での対応、当日の打ち合わせや嗜好のヒヤリングは滞在時に最適なサービスを提供する前提となるからです。具体的には、部屋の予約以外に車の手配やレストランの予約などが必要か、宿泊者の滞在に関する要望を聞きだしているかということ。そして、そこから滞在に至るまでインスペクターによる審査、採点は続けられます。

こうした繰り返しがグループ内のスタンダードに上質のサービスを根付かせ、顧客満足度の向上を獲得します。SLHのブランド力を向上させる理由のひとつでもあります。世界のセレブから「選ばれるホテル」であり続ける努力が現在の信頼を生み出していると言えるでしょう。

SLH - HOTEL LA SUITE KOBE HARBORLAND

このページの先頭へ